ジェネピック QA

Q1.「そもそもジェネピックとは何なのですか?」

ジェネピックは、抗癌・抗腫瘍特性をもつハーブを
主体としたサプリメントです。70種類のビタミン・ミネラル、32種類のハーブ、そして16種類の酵素がブレンドされた植物ベースのサプリメントです。
抗がん剤や分子標的薬のような薬物ではありません。

Q2.「ジェネピックはどのような働きでがんに効くのですか?」

 がん細胞は、ブドウ糖しか利用できないことが、以前から分かっていました。このブドウ糖のとりこみをブロックできれば、がん細胞は消滅します。一方、正常な細胞は、ブドウ糖だけでなく、脂肪からもエネルギーを利作り出すことができるので、ブドウ糖の取り込みをブロックされても影響はありません。このブロックする成分としてアセトゲニンという物質が発見され、ドリアンの種などに多く含まれていることが分かりました。ジェネピックは、この成分を有しているので抗がん作用があると考えられています。

Q3.「ジェネピックに副作用はありますか?」

 ありません。ジェネピックは、抗がん剤のように、正常な細胞に直接障害を起こすようなことは、ありません。ただし、ジェネピックにより、がん細胞が死滅して毒素が放出されます。この毒素により、いくつかの症状が出現します。
 有効率96.19%の結果となったマレーシアでの乳癌試験では、服用1ヶ月目の症状として、倦怠感(100%)、頭痛(65%)悪心(22%)、膨満感・四肢の腫脹(18%)、皮疹(15%)関節のこわばり(10%)、下痢(8%)、胃けいれん(2%)が見られました。

 しかし、服用開始12日目には80%以上の症状が消失。その後、倦怠感は引き続き治療期間においても見られる場合もありますが、次第に軽減していきました。
 一方、ジェネピックの服用により、むしろエネルギーレベルの上昇を感じた方も、半数ほどいらっしゃいました。

Q4.「ジェネピックは抗がん剤と併用できますか?」

はい、併用することができます。当院の患者様は、抗がん剤との併用で著効されている方が多くいます。
 さらに、抗がん剤にジェネピックを併用することで、脱毛や吐き気、食欲低下、そして白血球減少といった免疫力を低下させる抗がん剤の副作用が減らせることがわかってきました。

Q5.「ジェネピックは乳癌と前立腺癌で非常に高い有効率を示しましたが、他の癌にも効果が期待できるのでしょうか?」

はい、現時点において、ほぼすべての癌に適応があると考えます。 がん細胞が増殖していくためには、がんのタイプによらず糖分からのエネルギーが必要なため、この取り込みを遮断するアセトゲニン類の成分をもったジェネピックは有効であると考えるからです。 現在までの研究により、このアセトゲニン類が、乳癌や前立腺癌以外にも、卵巣癌、大腸癌、肺癌、肝臓癌、子宮頚癌、リンパ腫、膵臓癌などの腫瘤細胞にも効果を示すことがわかっています。

Q6.「ジェネピックは、早期がんでも効果があるのでしょうか?」

はい、あります。アメリカからは、すでに
「抗がん剤治療にジェネピックを併用することで、乳癌や前立腺癌はもちろん他の癌症例に対しても、またもっと病期の早いステージⅠやⅡ、Ⅲの症例に対しても、予後や再発予防に良い結果が出る」という報告も出ています。

Q7.「ジェネピックはどのような病状でも有効でしょうか?」

 マレーシアの乳癌試験はステージⅣ(転移のある、がんが最も進んだ病期)では多剤の抗癌剤が耐性(効果が無くなった)となった患者さんたちばかりであっても非常に良好な結果が出ました。
 しかし、すでに浮腫や胸水・腹水などが多く見られる方や、食事が摂れず栄養状態が著しく悪くなった病態になると、ジェネピックといえどもその効果は厳しいケースが多いと思われます。できるだけ早期で、体力のある状態でのジェネピックの使用が、良好な結果をもたらします。

Q8.「ジェネピックの治療をする上で、一緒にできない治療はありますか?」

あります。
 ・高濃度ビタミンC点滴療法や超高用量(1日推奨通常量の100倍以上)の抗酸化剤の服用です。これらがジェネピックと拮抗してしまうためです。
 ・高用量レートリル(アミグダリン:B17)も上記と同様の理由により禁忌となります。それ以外のサプリメントや漢方とも併用可能です。
 また、抗がん剤、手術、放射線治療との併用は可能です。 その他 ・妊婦の方は、使用を控えたほうが良いです。

Q9.「ジェネピック服用中、他のサプリメントや漢方などの併用はできますか?」

はい、できます。

Q10.「ジェネピックの服用方法は?」

 基本的には、1回1包(粉状9.4グラム)を朝と昼、2回の服用になります。コップ1杯(200ml)程の水(新鮮な果物や野菜を絞ったジュースなども可)に溶かして飲みます。あるいは、粉のまま内服してもいいです。少量の水ですと溶けにくいです。プロテインのシェイカーなどを使用するとよく溶けます。
 患者様の状態によって、主治医の判断で1日1回3分の1から2分の1包や1包からスタートし徐々に増量することもあります。

Q11.「ジェネピック治療経過中に腫瘍マーカーが増加することがあるのですか?」

 はい、腫瘍マーカーの増加は、一般に、がんの増大を意味しますが、ジェネピックを使用した場合、がんが崩壊して、腫瘍マーカーが増加することがあります。ジェネピック服用開始4~6週間後になると、がんに対する効果が現れ始め、一時的ですが腫瘍マーカーが増加することがあります。
 効果の見られる症例においては、ジェネピック服用4ヶ月以降になると、通常、がん細胞の死滅とともに通常腫瘍マーカーの減少が見られ始めます。(※腫瘍マーカーの増加のないがん症例もあります)したがって、がんの進展有無を確認するには、服用開始4ヵ月以降の腫瘍マーカーの値を参考にすると良いと考えます。 またCTやMRIなどの画像検査においては、効果のあった症例の場合、腫瘍マーカーの減少が始まった時期よりも、やや遅れてからがんやリンパ節などの腫瘤の縮小変化が通常見られます。

Q12.「ジェネピックによる治療は保険適応となりますか?」

 いいえ、すべて自由診療(自費診療)です。
 

Q13.「ジェネピック治療が有効であった場合、進行して大きくなった乳癌の腫瘤が小さくなり、元のように綺麗な肌に戻ることを期待してよいのでしょうか?」

 とても難しい答えになりますが、ジェネピックの治療効果があれば通常腫瘤は小さくなります。しかし、必ずしも、乳癌の腫瘤が小さくなったり、さらには消失して元の状態にも戻るまでには至らないこともあることもあります。
 女性にとって乳房は、男性には理解できない程大切な身体の一部であり、ジェネピックの治療の効果を期待され、腫瘤が小さくなり、できれば消えてしまい、元通りの綺麗な肌にもどることを、患者さんはもちろん、私たち医師もそうなってくれることを願っています。
 しかし、ジェネピックに対する患者さんのそうした期待感から、たとえ、医師が医学上治療効果があったと判定しても、患者さんにはその治療効果に、気持ちの上で納得がいかないこともあります。しかし、まずは、がんの治癒をめざし、そのうえでがんの残骸は、必要であれば外科や形成外科による対処などを検討していきましょう。
 もちろん、乳癌の腫瘤が小さくなり、手術をしても良いという患者さんならば、その旨主治医と相談されると良いでしょう。